マンションでも一戸建てでも、所有している家売る際には、買い手と仲介してくれる不動産業者を間に挟むのが基本です。そのため、不動産売却が成立した際には、仲介した不動産業者に対し、仲介手数料を支払う事になるケースが多かったりします。しかも不動産業者の多くは、買い手からも仲介手数料を取るのが一般的であり、そういった形で手数料で儲けを出しているのです。
ただし不動産売却の際に発生する仲介手数料ですが、上限が決まっています。しかも取引金額に応じて上限も変動するので、注意が必要だったりします。ちなみに上限ですが、取引額が200万円以下の場合は5パーセント以内であり、取引額が200万円を超えると4パーセント以内で、更に400万円以上は3パーセント以内と法律で定められているのです。そのため、上限を超える手数料を取るのは、違法行為となるのでその点には、注意する必要があります。
そんな中、最近では仲介手数料が無料で購入可能な不動産物件が存在しているものです。ですが不動産売却側から見ると、そういったケースでは売る側から余計に手数料を取っているんじゃないかと不安になります。ですが実際は売主から余計に手数料を取っている訳ではなく、広告費を削る等の経営努力で買主からの手数料分を補填していたりする場合が多いです。
更に中には、売り主側の仲介手数料が無料というケースもあります。このケースでも買主側から、手数料はしっかり取っており、何か裏があるという事はそれ程多くはなく、単純にお得な場合が多いです。

Comments are closed.